節分に、豆まきで、邪気を追い払いましょう!

こんにちは、阿井田あみです。

明日は節分ですね。

小さなお子さんがいるご家庭は、
保育園や幼稚園で、豆まきの行事があるのではないでしょうか。

子どもたちにとってはとっても怖い鬼ですが、
豆まきにはとっても重要な意味もあるようですね。


All about 暮らし 節分の豆まきの由来と作法 より 引用

年越しにあたる節分の夜
鬼が出現しやすいと考えられていたため、
鬼に豆をぶつけて追い払い、福を呼びこもうというわけです。

鬼というのは邪気の象徴です。
「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。
「陰」とは目に見えない気
主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。
また、隠れているこわいものとして
「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、
形の見えない災害、病、飢饉など、
人間の想像力を超えた恐ろしい出来事
鬼の仕業と考えられていました。




私は、毎年2月になると、
体調を崩してしまいます

ある年は、2月初旬に
あごの下に大きなコブみたいなものができて、
病院に行ったら
「顎下腺が腫れています」
と言われたり、

ある年の、2月初旬には
副鼻腔炎が悪化し、
薬を飲んでもまったく効かず、
入院の一歩手前まで言ったことがありました。

冬の寒さもラストスパートで、
人の体も、随分と無理が効かなくなるのが
2月なのかなあ、
などと勝手に思っています。

そんな2月の初旬に、
『節分』『豆まき』をするということは、

今まであまり深く考えたこともなかったのですが、

意識して、
悪い『気』(邪気)を追い払い、
良い『気』を、自分の中に送り込もう、という
大変意義のある行事に思えてきました。


これまでは、毎年、節分はなんとなく
豆をまいて、
「福は~内、鬼は~外」を
言って、
なんとなく豆を食べて
恵方巻を食べて、おしまい、

そんな感じでしたが、

今年は、特に意識をして、
身体の邪気を払い、良い気を取り込むぞ!!
と気合を入れつつ豆まきをしてみようと思います。






     スポンサーリンク









寒かったり温かかったりで、
体調管理が難しいこの時期、

節分の豆まきは、
いろんな日頃のごちゃごちゃしたものを
追い払って、
気持ちを新たにするのに、絶好のチャンスなのかもしれませんね。




皆さま、寒いのでどうぞ、お身体に気をつけて。

いつもながら、ブログを読んでいただき、ありがとうございました。



2017-01-24 鬼の絵

この記事へのコメント

  • ゆー2010

    こんにちは!
    節分の由来、改めて日本人の繊細な文化を感じました。

    2月って体調を崩しやすい季節なのかもしれませんね。
    どうか今年は気を付けてください!
    そういえば、私も去年のバレンタインにちょうどインフルエンザでつらかったことを思い出しました・・・
    私もきをつけま~す。
    2017年02月05日 01:59
  • 阿井田あみ

    ゆー2010さん

    こんにちは〜。
    ゆーさん、いつもコメントありがとうございます!
    とても嬉しいです。
    そうなんですよ、節分の時期って、
    本当に体が悲鳴をあげているんだと思うんです。
    やっぱり、用心するに越したことはないですよね。

    ちなみに、今年は節分の豆まき効果かどうなのか、
    体調はなんとか持っています。(笑)

    気合も時には効果的かもしれません。
    インフルエンザ、胃腸炎も気をつけましょう!

    来てくださってありがとうございました。
    2017年02月05日 20:37
スポンサーリンク

先週の人気記事

最近のコメント

2017年03月 >>
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31