子どもの成長とさみしさの関係

お久しぶりです、阿井田あみです。


突然ですが、
皆様、ご自分のお子さんが成長していく中で、
「さみしさ」「孤独」を感じているかもしれないって
考えること、ありますか?




     スポンサーリンク








うちの子どもたちは、とっても甘えん坊なんですね。

朝起きるときのぐずりもひどいし、

二人とも、学校や幼稚園に行くのをすごく嫌がる。

だから、

起こして、追い出す((笑))までの作業が

本当に大変なのです。


別にうちだけじゃなくて、どこのお子さんでもよくあることだと思うのですが、

毎朝毎朝こどもと格闘していると、さすがに疲れてきてしまいます。


そんなうちの子たちは、

二人とも出不精で、おうちやゲームが大好き。

お友達と外で遊ぶことよりもうちでマッタリ(*´ω`)ユッタリしたいのだそうです。


なんだか、親としては、少し心配。(;´д`)

こんな感じで、成長していって大丈夫なのかしら。


夜だって、寝るときは

私が寝室にいないと、寝てくれない。


二人とも、

甘えん坊で、さみしがりの、怖がりサンです。




うちの子どもたちは、だいぶ甘えん坊で、

ホントどうかと思うのですが、



実は、「さみしがり屋」という点で、

以前に、私、とっても気になったことがあって。





それは、小学校の授業参観に行った日のことです。




授業参観の空き時間に、長女の同級生の男の子が、

私に近寄ってきて、



「僕のお母さんはきてないんだ。」

って話しかけてきてくれたんですね。


「そうなんだあ。」って私が答えたら、


「僕ね、さみしいんだよね。」
「僕、なんだか不安になることがよくあるの。」


って、その男の子が、
なぜか私にちょっと深い悩みを次々と打ち明け始めて。


私、そのお子さんのお父さんやお母さんがどの方なのかも
知らなくて、

正直、どうしたらいいのか戸惑ってしまって。


先生にそっと相談しようかと思ったのですが、

なんだか余計なことのような気もして、

結局そのままにしてしまっていたのですね。





「さみしさ」「不安」を感じたときに、

率直に「さみしい」「不安だ」っていうことを
伝えることのできる人が、
そういう存在が、絶対に必要。


そう思ったんですよ。



何もわからなかった幼児期から、少し成長してきて、

いろんなことが理解できるようになった時のほうが、

大きな不安や恐怖やさみしさを感じやすいってこともあると思うんですよね。

(私自身は、そういう子でした。)



自分の時のことを忘れてしまっていて、

子どもたちがいくつになっても

甘えん坊の怖がりさんなので、ついついイライラする日もありましたが、

そういう心の変化を、心の成長による不安定さを

理解できていなかったのかなあ、と最近反省するのです。



そして、あの男の子のこと、

とても気になるのです。



今、心が大きく変化している、成長している、大切な時期。

そんな時期だからこそ、あの男の子が抱えている不安に、

ご家族が寄り添ってあげてほしいなあ、と思うのです。




余計なお世話なのかもしれませんが、

担任の先生にも、「こういうことがありました。」

とだけ、お伝えしておこうかな、とも思っています。





     スポンサーリンク










最近だと、孤食、なんていう言葉もよく見聞きしますよね。

あと、食育なんていう言葉も。

>孤食
孤食(こしょく)とは一人で食事を取ることである。特に食事の際に孤独を感じてしまう「寂しい食事」のことである。(Wikipediaより)


でも、「一人でご飯を食べているのか」
「家族でご飯を食べているのか」

という、行動それ自体よりもむしろ、

困ったとき、不安なとき、辛いときに

心から相談できる存在があるかどうか


それが一番重要なのではないかと

そう感じています。




最後まで読んでくださってありがとうございます。





     スポンサーリンク






2016-11-08 子ども.png
イラスト無料素材 こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ さんより画像をお借りしました。

この記事へのコメント

  • ゆー2010

    あみさん こんにちは。
    甘えん坊なお子さんたちとの朝の格闘や
    寂しがられ寝室で一緒に過ごす・・・という日々
    私もそういう日々がありました・・・
    きっとお子さんの成長につれてラクになっていくとおもいます♪
    不安や寂しい思いをさせないように子育てされているあみさんは素敵なお母さんですね。
    孤食という言葉をきいて、寂しい気持ちになりました。
    毎日が孤食にならにようなライフスタイルであってほしいと思います。
    2016年11月09日 17:18
  • 阿井田あみ

    ゆー2010さん

    こんにちは。
    >甘えん坊なお子さんたちとの朝の格闘や
    >寂しがられ寝室で一緒に過ごす・・・という日々
    >私もそういう日々がありました・・・
    >きっとお子さんの成長につれてラクになっていくとおもいます♪
    >不安や寂しい思いをさせないように子育てされているあみさんは素敵なお母さんですね。

    そうだといいのですが、現実は怒ったりイライラしたりで頭が変になりそうです。(笑)
    でも、みなさんこうやって、同じ時期を過ごして子育てされているんですものね。
    私もあと少し、子どもに振り回されながらもまあまあ(笑)頑張ろうと思います。


    >孤食という言葉をきいて、寂しい気持ちになりました。
    >毎日が孤食にならにようなライフスタイルであってほしいと思います。

    そうなんですよね。
    小さなお子さんが毎日1人で夕食。。。とかは、私もちょっとマズイのではないかと思います。
    うちは夕飯の時はやかましくてたまりませんが、
    そういうのもいい思い出になるはずですし、
    なかなか難しいご家庭もあるかもしれませんが
    見てあげられる時だけでも、お子さんと一緒に楽しい 食事のひと時をとって欲しいなあと思います。

    働いていると、難しいことも多いのですけどね。
    難しいですね。

    ゆーさん、お忙しそうですね。
    寒くなりますから、お互いに気をつけましょう。

    いつもきていただいてありがとうございます。
    とても嬉しく思っています。
    2016年11月09日 21:16
スポンサーリンク

最近のコメント

2017年04月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30                  
携帯・モバイルランキング!!
人気ブログランキングへ