軽いうつについて 私の現状

こんばんは、阿井田あみです。


昨年の春頃に、軽いうつで通院していたことを、お話ししていましたが、

続きです。しつこくてすみません。(^◇^;)


現在の状況ですが、軽いうつは、完治しているとは言えません。

というより、おそらく、完治は、難しいと思っています。


現在も、たまに、本当にたまにですが、パニック症状が起きることもあります。

また、なんの脈絡もなく、
突然、激しい不安感におそわれることもあります。

(以前に比べて、症状は、早くおさまるようになりましたが。)


なにか、きっかけがあると、
うつの症状が起きる、起きやすい、そういう性質をもともと持っているのだと思います。


うつの傾向は、遺伝も関係があるそうです。
(もちろん、遺伝だけではありません。他の要因もあります。)


そして、うつと、睡眠との関係は、非常に深いようです。

「質の良い睡眠が確保できている状況であれば、
心の病に至ることは、あまりない。」


と、私が相談したある先生も言っていました。


私自身、現在、睡眠が取れていることで、状況が安定しているのを実感します。

不安感は、現在も強いですが、
以前のように睡眠がとれないほどの不安感ではなくなってきているのですね。

不安感が和らいだことで、
以前より睡眠時間が短いのにも関わらず、
ぐっすりと眠れるようになりました。


どうして不安感が和らいだのか?

いう点は、私にもよくわからないのです。


親族や、友人に、話を聞いてもらったのも良かったと思うし、

胃腸の病気を持っているのですが、
その持病が、寛解(症状がおさまっている状態)
しているからかもしれないし、

時間が経過して、自然に良くなってきたのかもしれないし、
(日にち薬っていうものですかね)

子供2人が成長してきたことで、私の負担が減ったからかもしれないし、

いろんな要因が合わさって、だと思います。


同じように、心の病気にかかる理由も、
いろんな要因が重なって、起こるような気がします。


心の状態、体の状態は、決して毎日同じではなく、
日々、変化していますよね。


そんな、自分の心身の変化を、後回しにする習慣を変えていこうと思っています。

そうする事で、早めに軌道修正して、
悪い状況に傾きすぎないよう、
自分自身を見張っておかないと、

すぐに再発してしまうような気がするのです。



なので、じっくり心の状態を整えて、

パニック症状が完全になくなってきてから、

お仕事を始めたり、

新しいことを始めたりしようと思っています。


本来は、外で仕事をするのが、大好き
飲みに行くのも大好き

っていうタイプなので、

やっぱり、自分のしたいことが、全くできなくなったことが、
うつ症状の、一番の理由なのかなあ。うーん。( ? _ ? )

良くなってきていることは、とても幸せです。
今の、与えられた環境の中で、
人生を楽しんで、
やれることは、精一杯やって、
なるべく、家族と楽しく生活していきたいと願っています。

もし、昨年の私と、似たような症状がある方は、
勇気がいるとは思いますが、
病院へ行くとか、カウンセリングを受けるとか、
何か、行動を起こされることを、お勧めします。

私の場合、日にちが経てば経つほど、動くのが辛くなっていき、
本当に、立ち上がるのも辛かったからです。

おどかすようなことを言ってしまいますが、
症状が進んで、あまりにも無気力になってしまうと、
本当に行動にうつせなくなってしまう可能性もあると思います。

主治医に聞いたところ、
「眠れない」日が、何日も続くようなら、
早めに受診したほうが良いとのことでした。

以上が、昨年2014年の春頃に、私がうつで通院していた頃の話です。

情報は、日々変わっていっていると思います。
私自身、心の病気の専門家でもないので、
この投稿をするのも迷いがあったのですが、

自分自身の経験が、どなたかの役に立つことがあるかもしれないと思って、
体験談として、投稿しました。

では、また。

次回は、別の話題になると思います。

この記事へのコメント

スポンサーリンク

最近のコメント

2017年08月 >>
      1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31      
携帯・モバイルランキング!!
人気ブログランキングへ