子育て中の整理整頓は、焦ってしつけない方が良い

おはようございます、阿井田あみです。



今さっき、下の娘の、なっちゃんを幼稚園に連れて行き、帰ってきました。

今日は買い物もせず、用事も入れていないので、しばらくだけゆっくりさせてもらいます。

本音は、このまま、お迎えの2時まで眠っていたい!!!

くらいの疲労感ですが。(笑)





今、2階で私はこれをポチポチ打ってまして、




1階から、お義母さんが、掃除してくれている、ほうきの音が聞こえてきてます。

掃除がしんどい私としては、ありがたいです。



トイレと風呂は、私の仕事。

腰痛があると、こういうかがむ場所の掃除ってキツイですね〜
( i _ i )

掃除は、毎日は無理です。



幸い、主人は、そううるさくないので、助かっています。




私の持論、…いや、言い訳は、

子どもが小さいうちの家の中の片付けは、難しいと思って、やり過ごす!

です。












いろいろ、他の人のブログみたりして、それなりに試行錯誤しましたよ、私なりに。(笑)



でもね、結論、子どもが幼稚園くらいまでは、親の思うようには、してくれなかった。




言ってはきかせますよ。



でも、子どもが、片付けの意味を理解して、

自分から、「やらなきゃいけない」と

自覚できるようになるのは、


思ったより、時間がかかりました。。。



そして、できないから、もうほっとけ、では、またダメらしいんですね。





怒らずに、毎回でなくていいから、話せる時に、繰り返し教えてあげるといいと聞き。




やってみました。時には怒鳴りながら(←当然怒ってはダメなんですけどね〜)




すると、、、小学校に入る前くらいだったかなあ…



はっきり記憶ないんですが、キレイにしとくと気持ちいい!…を

身をもって、実感し始めました。(上の娘のあきこの話です)



もちろん、今でも、けっこう散らかす事もありますが、


あきこの場合は、

片付ける意識が、心に植えつけられているので、

散らかせば、片付けるものだ、


とわかっているから、親としても、

「しょうがないなぁ、大変なら手伝ってあげるよ。」

…と、同じ『片付けてやる』でも、




本当は自分でやらなければいけない、ということをわかっていてくれる子どもに対しては、

手伝ってやってても、私もそんなに苦ではなくなってきました。



下の娘のなつこは。。。片付けを意識できるまでには。。あともう少し時間がかかりそうです。(笑)



そんなわけで、家の中は、ちょっと気を許すと、ゴミ屋敷化しますね〜、油断できません。



但し、1階は、(リビング、キッチン、お義母さんの部屋があります)…いつも割とキレイにしてます。



きれいな方が、気持ちいいですものね。



この記事へのコメント

スポンサーリンク

最近のコメント

2017年04月 >>
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30                  
携帯・モバイルランキング!!
人気ブログランキングへ